"Good morning" to the house 

家に「おはよう」って言うのが、朝の習慣になりました。1897年に建てられた古い家は、今は私が住んでいますが、時の流れとともにいろんな変化を受けとめてきました。そんな過去に想いを馳せていると、私の中に、この家をリスペクトする気持ちが生まれて、すると、家の中の空気がフワっとやわらかくなる。まるで、この家と対話しているかのように。

"Good morning" to the house has become my morning ritual. My house is old, built in 1897, flowing along with the course of time: histories, societal changes, generations of owners and tenants coming and going; altered very little over the decades, the turns of the centuries. A silent witness, home and shelter. When I thought of it, I felt respect for this old house and the house answered me with soft and warm air. 

© Asako Ueno